スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Internet Explorer 8 製品候補版 1 神機能紹介

以前から「Internet Explorer 8 製品候補版 1」を導入して使い勝手をレビューしていますが、今回は使っていて気づいた神機能3つを紹介します。
今回、普通に機能という言い回しを使わなかったのは、私的にかなり感動したので神を付けて神機能と言っています。

それでは、神機能紹介前に私か使っていた中での不具合的なものは、SSLページのスタイルが崩れるという点です。
それと、特定のサイトで応答なしになります。これについては3つ目の最後に書いておきます
これについては、製品版には直ってると思います。

それでは、早速IE8製品版候補の神機能を紹介します。
・1個目
ソースの表示がIE8付属の機能で表示される
これはどういう事かといいますと、IE7まではWindows付属のメモ帳でソースが表示されてました。
しかし、このメモ帳はEUCなどで書かれた文字コードではソースは文字化けするし、ソースが1行で表示されたりしてて、ソースが読みにくい事この上なかったです。
レジストリから、メモ帳以外のテキストエディタを設定できますがかなり面倒です。
私の場合は「TeraPad」を設定していましたが、テキストエディタを新たに入れるのも面倒だと思う人もいたと思います。主に私www。
その点、Firefoxは独自の付属機能でソースを表示してかなりソースが見やすかったと思います。
IE8からは、この独自の機能で表示するために文字コードによるソースの文字化けがない。そして、表示は1行表示ではなく、ソースが記述されたとおり表示されます。極めつけが、タグが色分けされてて文句のつけようがないwww
Firefoxを見習ってもっと早くから実装すべきだったんだよね!

・2個目
アクセラレータ機能でホームページ内の単語検索などが便利になる
IE8の機能の1つとして、Microsoft社も押しています。
ただ、私自身はこの機能は大変うっとしいとしか思っていなかったのですが思わぬことで神機能になりましたwww
どのような状態で威力を発揮するかといいますと、ホームページを閲覧してる時に分からない単語とか出て来た時にググってみようと思う時があると思います。
従来なら、文字を選択&コピーして、新しくタブを開いて、検索欄に張り付けしないといけなかったと思います。
しかしIE8からは、文字を選択した時点で半透明のアイコンが選択した部分の近くに現れます。
この半透明にマウスを合わせてクリックすると、登録している機能が出てきます。
私の場合は、「googleで検索」が出てきます。
先ほども言いましたが、この機能はデフォルトではMSNのホームページで利用する地図機能やメッセなど私個人いらない機能ばかり合ったので、全て消しましたww
アクセラレータ機能は必要なものだけ登録して、各個人が使いやすいようにするべきだと思います。

3個目
ブラウザが異常終了した時の復旧機能
この機能はかなり以上の性能です。
まず初めに、異常終了(落ちるとも言う)をしないアプリケーションを作るのが当たり前なのですが、100%信頼性のあるものを作るのは不可能です。
特にホームページ閲覧時は、ブラウザより作っているページのソースがあやしい場合などもあるわけですから・・・
ニコニコ動画はなぜか知りませんが、よく落ちますwww
Firefoxでも結構落ちるのでニコニコ動画側の問題かもしれませんが・・・

では早速、ブラウザが落ちた時の復旧機能を紹介します。
この機能はIE8より導入されたものです。
ブラウザが落ちた後に、IE8を改めて起動したときに次のような表示が出ます
無題
ホームページに移動すると、トップページに行きます。
「直前のセッションの復元」をクリックすると復元されます。
この復元が凄すぎる。
まず、当たり前ですが落ちた時のページに復元されます。
タブブラウザを開いていた場合は、もちろんタブブラウザも復元されています。
そしてここからが更に凄い!
ページを開いてから落ちるまでに辿ってきたページまでは普通に戻れる点です。
落ちる直前のページだけではなく、それまで辿って来たページも復元されるのです。
この機能のおかげで、ニコニコ動画で止まってもすぐに強制終了してIEを立ち上げなおしています。
落ちた直前のページが復元されるので、動画もすぐ見れるし、またそれ以前まで辿って来たページにも帰れるのでかなり役に立つ機能です。
しかし、この復元機能が仇となる場合もあります。
それは、最初に言ってた特定のページで応答なしになる場合です。
そのページが原因で応答なしになってるのに、復元しても応答なしになります。
結果的に、トップページに行くしか選択肢が残されていない。
その時開いていたタブページなどは諦めざる得ない。
問題は、その応答なしになるページがすぐに特定できるかという点です。
大企業のページで応答なしになっても、まさかこんな大企業のページが見れないはずはないと思ってしまったりして、なかなか気づかない場合もあるかもしれません。
実際に応答なしになるページを書いておきます。

・レンタルショップのTUTAYA
ttp://www.tsutaya.co.jp/index.html

上記のページは応答なしになります。
原因については分かりませんが、他のブラウザで正常に表示できるのでIE8のバグと考えていいのではないかと思います。
詳しい事は分からないので、いい加減な憶測は控えたいと思いますが、応答なしになるのは100%なので一応覚えておいてください。
製品版では解決されてると思いますがwww

以上3点についてIE8の神機能を紹介してきました。
現状でバグがあるのは仕方ない事だと思います。
まだ製品版ではないので・・・
しかし、今更IE7に戻ることはできませんね!
この機能を体感したら、他のブラウザなんて使う気起きねえ・・・
嘘です。
Firefoxは、JavaScriptのデバッグでばりばり活用中です。

そんじゃここらで、ばいにーー

テーマ : ウェブブラウザ
ジャンル : コンピュータ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

agpm

Author:agpm
最近は、ゲーム中心にやっています。
アニメなども見てますが、そこまで詳しくはないです<(_ _)>
更新は気分しだいで、頻度にはかなり差があります

リンクフリーなのでどんどんして頂けると管理人はうれしいです
相互リンクでもOK


連絡こちら↓
メールフォームはここ

PCのスペック公開

リンク
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。