スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゆきうた 2ルート目 長谷川菜乃攻略

ゆきうたを2ルート目終えてみて、分かったことなどがいくつかある。
その点について話したあと少し感想を入れたいと思う。

それではまず、ゆきうたとほしうたの共通点から。
うたシリーズには、もう一つそらうたがあります。
現在までやってみて思ったのが、うたというのは関係ないような気がします。
ゆき
そら
ほし
このキーワードに関連した、迷信を作りゲームの設定にしています。
例えば、
ほしうたなら、海辺でほしうたが見れるという言い伝え!?
ほしうたが、何かと言われたら私もうまく説明できない。
ゲームやってくれると分かると思う。
ゆきうたなら、願いが叶う木です。
昔から雪の降る時に、ゲームの設定で使用されてる木に願い事を言うと叶えてくれる。
代償が必要だったり・・・。

次に、ゆきうた自体の設定。
前述した願いが叶う木ですが、全員に割り振られてるイベントではありません。
ヒロインによっては簡単に流すだけのシナリオもあります。

このゲームは、最後の分岐で「BAD」「TRUE」の2つに分かれます。
BAD側のルートについて、キャラ設定をうまく使ってると思った。
以下の点に注目
・このゲームは付き合う形になっても主人公の気持ちがはっきりしない。
・付き合うことになった後の、主人公がヒロインを思う気持ちが微妙。

何が言いたいかというと、ヒロインが主人公に好きだというパターンなのだが、最初のHシーンに入る時はどうも成り行きでやっちゃった感があります。
通常シーンに入る前に、主人公が明確なヒロインに対する好意を抱いていればいいのだが、このゲームの場合女として好きという見方をしていない。
友達としては好きだという見方である。

この点から、主人公がヒロインに対して抱いている好意がどうも薄いようん感じる。
BADENDは、その微妙な気持ちを上手く表現した感じだと思う。

気持ちの隙というのか何と言うのか知らないが、そのような感じで俺はプレイしたwww

最後に・・・
読み返して見たら、最初から3行目以降は日本語になってないですねw
自分で整理しながら書いても全く整理しきれてない・・・
昔の人は言いました
投稿することに意味がある
内容なんて二の次だ!

テーマ : 美少女ゲーム
ジャンル : ゲーム

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

agpm

Author:agpm
最近は、ゲーム中心にやっています。
アニメなども見てますが、そこまで詳しくはないです<(_ _)>
更新は気分しだいで、頻度にはかなり差があります

リンクフリーなのでどんどんして頂けると管理人はうれしいです
相互リンクでもOK


連絡こちら↓
メールフォームはここ

PCのスペック公開

リンク
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。