スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神降臨か!!!!!

動画のエンコードだが、テスト6の投稿でひとまず完成!
いや~まじで・・・。

解像度を変えて投稿して画質のテストをしてみるつもりですが、512*288の解像度はテスト6の画質で本番も行きます。ただし、高画質にしたため低性能のPCではコマ落ちやフリーズの可能性があります。
XPならPentiumM以上でメモリーも512MBは必要かと思う



テスト6の動画



ここからは、高画質までの道のりについて話していきたいと思います。
過程はかなりぐだぐだですが、結論だけ聞くとアホらしくなります。
ですので、過程と結論に見出しを付けて、読みたい人だけ過程を読んでください

エンコードの過程(試行錯誤)
1.画質の横線が入っていたのだが、インターレース処理関係が原因だと考えたが色々やっても改善が見られなかった。その他映像のシャープ化などAviutlが使えるフィルターを色々使ったが無理だった。
2.フィルターではないと仮定してx264のGUI設定を弄って見たが、見事に画質が劣化した。
フィルターONでGUI弄っても結果変わらず。
3.この時点でもう限界を迎えつつあった。しかしあきらめてはいけないと思いグーグル先生に泣きつく。何か新しいソフトを発見したので使ってみた。ソフトは以下の3つ。厳密ではソフトではないのもある。「AviSynth」と「VirtualDubMod」と「dgmpgdec」である。AviSynthはスクリプトで実行され単体では起動しない。VirtualDubModなどに読み込ませて実行する。この2種類のソフトを使いこなすには初心者にはかなり難しいと思います。実際私も使ってみたが難しかったです。正確には、AviSynthのスクリプト命令を理解できればいいのだろうけど、たくさんありすぎて思い通りのフィルターを探すだけで骨が折れるのが実情でした。dgmpgdecのソフトはvobの情報などを表示してくれてかなり助かりましたが、Aviutlと似たようなものです。結局紹介した3つのソフトは使いませんでした。

エンコード結論
1.エンコード設定ですが、x264のGUI設定で、プリセットからniconico 超高画質を選択するだけでおkです。フィルターもリサイズのみチェックするといいでしょう。インターレースも、今まで散々言ってたけど必要ないです。結局は、x264の設定がちゃんと出来てなかっただけでした。 ((+_+))
2.エンコード時間は、2パスで2時間30分です。
  PentiumM 1.6GHz 256MB

最後に
「MY WINGS」のCDは前日に入手できるだろうけど、エンコードの時間と配達時間の関係がかなり気になりますね。

まだまだ、画質テストは行います。
解像度を上げて投稿すれば、ノイズももう少し、少なくなるのではと言うコメントをもらったので実験します。
いや~、1回約3時間だからもう涙目!
後、うpまで25日
折角なので、トップに発売までのカウンター置こう!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

agpm

Author:agpm
最近は、ゲーム中心にやっています。
アニメなども見てますが、そこまで詳しくはないです<(_ _)>
更新は気分しだいで、頻度にはかなり差があります

リンクフリーなのでどんどんして頂けると管理人はうれしいです
相互リンクでもOK


連絡こちら↓
メールフォームはここ

PCのスペック公開

リンク
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。